いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

無益な話

「歳をとるのって、嫌よね」

   「え? そんなことないわよ」

「まあ、無理しちゃって。歳をとって良い事なんて一つもないじゃないの」

   「え、そんなことないよぉ」

「無理しなくていいの。目は悪くなるし、シワは増えるし、何一ついいことなんてないのだから。強がらなくてもいいの!衰えていくだけよ」

 

アナタはそうかも知れない。けれど、長寿の祝いの席で言わなくてもいいじゃない?

アナタのその無神経さに、頭痛がしてきました。無神経でいいのですね。本当にいいのなら、言ってしまいましょう。

 

   「アナタ、太った?なんだか前と変わったわよ」

「ああ、違う。太ったんじゃないの。歳をとって、新陳代謝が落ちたせい」

   「そうなの?でも前に運動していたじゃない? 両手が床に着くようになったって喜んでいたじゃない?」

「両手なんか前から床につくわよ。そんなことより、新陳代謝が落ちたら、痩せないわよ」

 

このような笑えない話と無益な話をダラダラと5時間もして、また方方に別れました。なんだかなぁ。どうしたもんでしょう。歳をとることは、仕方がないというか、自然の摂理です。生きている証として、歳はとります。

 

それなのに、ずっと、歳をとることを嫌悪して生きるつもりなのですか?気の遠くなる話です。ずっと、不機嫌に暮らしていくつもりですか?アナタの周りに誰も寄り付かなくなりますよ。今から平均寿命まで30年もあるというのに。