いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

郵便受けのムダ遣い

お題「ムダ遣い」

今日のお題はムダ遣い。そもそも、ムダとはなんだろう?

 

その時、なんとなく手にして買ったものが、必要ないものだったと評価されたときに「ムダ遣いをした」ことになるのだろう。その評価は、普通、自分ではなく第三者がするものだ。これは、私にとってはムダとは言わない。

 

しっかり選んで購入したものが、実はすぐに使い物にならない代物だったときに「ムダ遣いだった」ことになるのだろう。これは、かなりムダ遣いだったと悔しい思いをする。このムダな話なら、ある。

 

ジップロック(Ziploc)は、サイズを見極めて買いましょう!コストコに行ったとき、冷凍ものを大量に買ったので、小分けにする袋を同時に買った。そう、深く考えないで、気をきかせたつもりで。家に帰って、大きな箱に入っていた沢山の箱の一つを手に取って、開けてみて唖然とした。とっても小さいのだ。何も入らない。食パン厚切り1枚くらいのものかな。大量のジップロック(Ziploc)、これこそムダ遣い。どうしよう、、

 

それから、これは書いてもいいのかな、悪いのかな、まあ、いいか。昨日、車の販売店から、店舗移転と印刷された封書が届いた。郵便受けに、かつがつ入る大きさ、A4サイズくらいのものだ。

 

何年も前に、そこで車を買ったので、店舗移転の案内だろうと思って、開けてみた。なんと、封筒の中に、新店舗が印刷されたカラーのチラシが8枚、同じものが入っていた。そして、白い紙に印字された「お知らせ」は入っていたが、そのお知らせは裏返っていて、店舗案内の表が一番最初に、目に付いた。

 

これは、ハッキリ言って、経費のムダ遣いではないの? 曲がりなりにも私は客だ。同じチラシが8枚入っている時点で、「このチラシを配布しろってことだろうか」と考えてしまった。よくよく見ると、全く同じに見えるチラシは1枚ずつ店舗が違っていて、8店舗分入っていた。これは、このブログを書くにあたって細心の注意をしながら、ゴミ箱から取り出して見直して判明したことだが。

 

封書にただ、入れればいいと思って流れ作業をした人に一言。届いた人がどこを開いて、どこから目を通すか、考えて入れてね。ムダすぎる。チラシを指示した人に一言。ご丁寧に郵送までして送ってくださったにも関わらず、申し訳ないけれど、印象悪化は否めない。

 

そもそも、ダイレクトメールは、関心があるから見るものではなく、関心を寄せて欲しい人から送られてくるものだ。よく文章を読めよ!とか、ダイレクトメールを入れる人は思うのかもしれないが、関心のないものを見るとき、文章は見出ししか読まない。わざわざ、老眼鏡を探してまで、読むだろうか? 悲しいくらい、ムダなチラシだった。

 

でも、まあ、良い。やっつけ仕事は、私もよくするし、ムダ遣いをしたのは私ではなく、よく知らない会社だし、即、資源ゴミ直行。でも、ムダ遣いって、ほんと、損失です。