いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

偏見なのかしら。美人考。

血縁に、すっごい美人がいる。年がなんこか上なので、昔から

「おねえさん」と呼んでいた。しかも、とても優しい人なのだ。

憧れのおねえさんなのだ。

 

きっと私は劣性の遺伝を受け継いだのだと

ガッカリしながら、まあ、仕方がないかと長年過ごしてきた。

ところが、昨日、ひょんなとこから、私の中におねえさんとの繋がりが見えた。

 

それは、1か月前に撮られた旅行写真。

ツアーの団体の中に紛れ込んでいる私の写真。

え、おねえさん? と思うほど、似ているのだ。

 

やっぱり、血縁関係なんだ!と嬉しくなった。

でも、今日、鏡をみたら、やっぱり全然違う。

残念だなぁ。残念な話だなあ。残念な私だなぁ。

 

あえて言ってしまおう。

美人は賢くて優しい。

これは、鶏が先か卵が先かの話になるけど。

 

もちろん、美人でない人も賢くて優しい人はゴマンといる。

そして、美人でない人は愚かで冷たい人もゴマンといるが、

美人で愚かで冷たい人は、絶対数が少ないような、そんな気がする。