いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

今は履けない白色のソックス!

お題「くつ下」

スカートをはくことが少ないので、くつ下は必需品なのです。

一時、全身黒ずくめをするのが、マイブームだった頃、

くつ下を真っ黒に揃えました。

 

けれども、働き者(?)の私は、漂白剤が大好きで

コップの茶渋やコーヒーのシミ、など以外にも

消毒だという感覚で、よく漂白剤を薄めて拭き掃除します。

 

漂白剤を使ったら、その匂いで、

清潔になったような、掃除をしたような気になるのです。

でも、そのおかげで気をつけていても、

黒のくつ下は、赤茶けた斑点ができて、みすぼらしくなっていきました。

 

白のくつ下なら、気兼ねなく漂白剤を使えるのにと

残念に思いますが、白のくつ下の私のイメージは

女子中学生、精一杯で女子高生どまりです。

この年齢で白のくつ下を履くと、たとえ家の中でも、小っ恥ずかしいのです。

 

これは一体、どういうことなのでしょうか。

きっと、日本人がランドセルを大人になってからバッグ代わりに

できないのと同じ理由かもしれません。

日本のファッション的風土、なのでしょうか。