いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

東京、行ってきました。

おのぼりさん、してきました。上ばかり見て歩き、

そっちじゃないわと指を指し、指差ししないでと手をはたき、

ほら、ついてきなさいと先に立ち、あ、違ったと逆戻り。

 

珍道中しながらも、なんとか地下鉄乗り継いで、

行きたいところには、行けました。

みなとみらいに神宮球場スカイツリーに帝国ホテル。

富士山もキレイに見えました。

 

1日1万3千歩。今まで歩いた最高記録。

ただし、最短7千歩。倍未満で済んだ迷い道。

ああ、いいなぁ。東京は。行っただけで賢くなった気がする。

 

田舎もんだなぁ。まぁ、仕方ないかぁ、とブツブツ考えながら、

今度生まれ変わったときは、きっと、東京の丸の内でスーツをパリッと着こなした

男になってやる、、、、と思いながら、

結局、帰りの新幹線の待合所で、

伊坂幸太郎の「夜の国のクーパー」を読破しました。

 

ああ、田舎もんだなぁ。余裕がないなぁ。

新幹線の待合室でさえ、読書にいそしみ、周囲が見えず、

プラットホームに響く発車のベルの音に、驚愕して

 

立ち上がり、前、後ろ、右、左、挙動不審にキョロキョロして

まだ、乗る新幹線が来ていないのを察知したら、ホッとしたついでに本を落とし、

アタフタと、もたもたと栞まで探す、ああ、田舎もんです。

 

でも、また、生きる意欲が湧いてきました。

また、行きます。

客観的に、自分がわかる旅行でした。

あああああ、どれほど小さく不甲斐なく、滑稽な自分なのか。

でも、きっとマシになります。きっと、マシになって、また行きます。