いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

風邪にご用心。

夜と明け方の気温差があるこの季節、

学習能力がない私は、必ず軽い風邪をひく。

毎年、軽く後悔して、

毎年、夢想するマシンがある。

 

それは、自働布団交換機。

ベッドの上にその交換機なるものが待機していて、

明け方肌寒くなったとき、掛ふとんをふんわりと掛けてくれる。

もちろん、音もなく、

油圧シリンダーのアームが正確に、布団を頸から足の爪先を蔽うのだ。

 

こんなのあったらいいな機械を自分で作れたら楽しいだろうな。

便利だろうな。

もちろん、全知全能の機械でないと意味がない。

趣味で、気軽に、誰でも、自分で欲しい機械が作れる未来になればいいのに。

いまでも出来ないことはないのだが、変人奇人と呼ばれる風潮に

逆らうほどの気概はない、へなちょこなのだ。