いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

タイトルは先に書く? 後に書く?

いつも思う、タイトルって先頭にあるけど

まずタイトルが浮かぶことは、私の場合、ありえない。

けれど、この「タイトルは先に書く? 後に書く?」のタイトルは

先に書いた。何故なら、それについて書こうと思ったから。

 

要するに、こういうことなんだ。

書きたい何かを決めて書いているわけではなく、

書いているうちに、整理アンド淘汰されてタイトルになっている書き方を

いつもしているということ。

 

先にタイトルを決めて書いてみると、焦点がずれないし、

ずれていないから読みやすい文章になると思う。

そしてタイトルを意識するので、

同じワードをなんども羅列しやすく、結果的に検索に引っかかりやすい。

ブログが読まれやすくなる、ということか。

 

けれど、どちらかというとタイトルを後に書くほうが

気軽に書ける。むしろ、タイトルがなくてもいいくらいだ。

それではブログの形にならないから、

渋々タイトルを後からつける。

「ってか、お前さぁ、そんなら、家で日記でもつけてろよ」と

ツッコミをいれてくれる誰かを幻想しながら。