読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

使わなくなった一眼レフのアナログカメラ

お題「カメラ」

昔の話、ニコンの一眼レフを買った。

広角レンズと望遠レンズも買った。

三脚も買った。

 

それらを持って、一人、四国へ旅をした。

足摺岬で停まって、海を撮った。

 

途中まで電車に乗り、

宿毛あたりでバスに乗った。

急カーブの細い山道を

遠心力で崖に引っ張られるのを計算しているかのような

ハンドルさばきで、運転手は正確な時間に足摺岬まで運んでくれた。

 

なんども海に投げ飛ばされたような感覚のまま、

降り立った土地は、南国だった。

あのとき、一人で四国に行かなければ、何かが変わっていただろうか。

 

そのカメラは今も家にある。

使わなくなったわけは、デジタルカメラの手軽さに負けたのではなく、

思い出に封印したかったせいかもしれない。