読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

種をまこう、苗を育てよう

お題「今日の出来事」

そろそろ出来損ないのチューリップの花も終わりに近づいてきた。

そこで、チューリップを球根から引き抜いて、種から双葉に成長したヒマワリ苗を植えた。

 

種をまかなきゃ、芽はでない。

この当然の話は、使い古された訓示の一つだ。

私はせっせと種を蒔く。蒔いて、蒔いて、蒔いて、蒔いて。

これは自己暗示のひとつでもある。

 

種をまきさえすれば、芽はでるのだ。

そのかわり、時間はかかる。

手もかかるし、お金もかかる。

けれども、そこに芽が出さえすれば、感情がかかわる。

 

うれしい、きれい、うつくしい、

かなしい、ぶさいく、きたない、

すき、きらい、ふつう、

感情がかかわると、優劣をつけたくなる。

 

すぐれている、ひょうじゅん、おとっている、

いい、わるい、きょうみがない、

すごい、ひどい、とんでもない、

優劣をつけると、振り出しに戻る。

 

種をまこう。

今年もちゃんと忘れずに。

生きている証のルーティン。