いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

行き帰り、生き返り、生き還り

帰るところ、行くところ、どちらもあるのは幸せなことだ。

ゆったりのんびり楽しく過ごせた。でもいつまでもこうしているわけにはいかない。

歳月は皮肉屋だ。「ゆっくりしなさい、楽しみなさい、そんなひと時もたくさんないのだから」などと思わせておいて、いきなりドカンと歳月の重みをつきつけてくるのだ。

「なぜ今までこんなに時間を無駄にしたのか。今までいくらでも時間はあっただろうに」と切り捨てられるのだ。

「お前は馬鹿なのだから、人の3倍は勉強し、働き、気を引締めなさい」と本当のことをいってほしいのに、皆、優しい。

「できなくていいよ、それが普通だよ。そんな努力しなくていいんだよ、時の運に任せておけばなんとかしてくれるよ。たとえ努力しても時の運に見放されれば、水の泡と化すだけだからね」

これも一理あるだろうが、でもこれでは生きている価値はどこにも見いだせない。何のために生きて、何をしようとした人か、何を思って何を残した人か、なにも何一つない。

だから、時間を無意味に使いたくはない。たとえ全ての人に馬鹿にされようとも、自分の時間を意識して使っていたい。それがたとえピアノの下のホコリ取りであろうと。