いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

3月31日、サヨナラの日

3月31日が今年も来てしまいましたね。今日で、退任ですか。退職ですか。

これまでの長きに渡るお勤め、ご苦労様でした、お疲れ様でした。

定年退職をされて、「さあ、明日から第2の人生を楽しんでください」なんて言われても、今まで働いたことしかない人にとって、何をどう楽しめばよいのか悩みますよね。

もう、お払い箱なのか、もう必要がない人間なのか、家族の荷物になるのではないかとか、心配ですよね。

寂しそうに見えないだろうか、悔しそうに見えないだろうか、退職して清々したという雰囲気が出せているだろうかと、気になりますよね。

 

でも、大丈夫です。昨日から今日、今日から明日も繋がっています。

第2の人生という「人生ゲーム」の振り出しに戻る的な考えはやめて、じっくりと堂々と自分の人生の続きを歩いていってくださいね。

サヨナラはそこにいた自分にするものではなく、そこの場所にサヨナラするだけです。

虹色の明日になりますように。さらなる飛躍がありますように。