読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

桜はなくなっていた

あの桜の木はもうありませんでした。何十年も経つと土地も地形も変わるのでしょう。でも約束したあの桜の木は何十年もその場にあってほしかったです。

知っていましたか? 

あの日、桜の木を見ながら約束していたとき、私が描いていた将来の夢を。

そしてずっと待っていたことを。

そして今も待っていることを。

きっと、知らないのでしょうね。

ただ、今も思うのです。

私にできることは数少ない、影響力も何もない、うわ言のような話です。

元気でいてください。幸せにしてあげてください。幸せになってください。

そしていつかもう一度あいましょう。

会って、きちんと笑って、お別れしましょう。

また、いつかきっと会おうねと。そうしたら、

今度こそ、未来に繋がる気がします。

 

広告を非表示にする