いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

思い出したくない思い出の味

お題「思い出の味」

今思うと、私は問題児だったのだろう。

爪は噛むし、鉛筆も消しゴムも、なんと砂の味まで知っている。

窓ガラスの露の味も知っているし、硬くなった指先の皮の味まで知っている。

もちろん、石ころの味なんて、当然知っている。髪の毛の味まで知っている。

針金の味、銀紙の味、折り紙の味。

ゴムの味。チーちゃん人形の指の味。

美味しいなとおもったのが、セロテープ。

新聞紙の味も知っているし、コピー用紙の味も懐かしい。

なんでもかんでも口に入れて、まず舐めていた。

舐めてから、噛んでみる。

噛んでから、考える。

柔らかくなるだろうか?

味が変わるだろうか?

懐かしい味。それは、ひとりぼっちの味。

私だけの味の世界。

涙の味。