いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

梅干は、甘いのが好きなんだけど。

お題「梅」

梅といえば「梅」と漢字一文字書いていたスモークピンクのパッケージの梅のガム。

お子ちゃま向けの風船ガムを卒業したとき、次に噛んだガムだった。

梅といえば幕の内弁当。

松竹梅の3種類あって、松は高いし、梅は寂しいし、悩んで竹にする。

梅といえば梅干。

母が毎年、漬けてくれた。

おへそを爪楊枝で傷つけないように取るのよ、から始まって

副産物のしそジュースの作り方まで、教えてくれた。

今年はそろそろ、本気なって、覚えようかなぁ。

母の梅干は酸っぱすぎて、夏の弁当に腐敗防止の為にしか使っていないけど。

あ、これ内緒。