読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

暗い歌が十八番かな

今週のお題「カラオケの十八番」

カラオケ好きの父親だったので、子どもの頃からカラオケセットは家にあった。

昔のはカセットテープをカシャッと入れて、押し甲斐のある反発力の強いレバーボタンを押すと、音楽が流れてきた。

カセットテープの時代からCDの時代に変わったころ、またカラオケセットを買い換えた。

そのときは私も大人になっていたので、

「なんでもいいから、歌いなさいよ」「何を恥ずかしがっているのよ」と言われ

渋々、歌ったのが小林明子さんの『恋におちて』だった。

また、中島みゆきさんの『悪女』も2番目にいつも歌った。

どちらも嫌いな曲ではないが、好きでもない。

それなのに、歌っていたのは、歌いやすいメロディとテンポ、トーンだからだ。

悲恋、失恋、不倫関係の暗い歌は、歌いやすい。

決して決して、好きなわけではない。一番、うまく歌えるのだ。