読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

発見!! クイックルワイパーの使い方 誰か業者の方、作ってね。

家の中、半年前までフローリングだった。何十年もたったツヤのないフローリング。

なんだか汚らしいな、

嫌だな、

そう思って、日曜大工屋さんに行って「床」がピカピカになるものを買ってきた。

確かに。ピカピカになった。

数日して異変が起きた。

ワンコが階段を上がれなくなった。

ワンコが土間をあがれなくなった。

ワンコがお座り、できなくなった。

それでありったけの工夫をした。絨毯をしたり、敷物を敷き詰めたり、

私が床に塗ったのは「ニス」で、ピカピカ輝くのと同時に、ツルツル滑ったのだ。

それからだ。私が掃除嫌いになったのは。

絨毯にからみつく長い髪の毛。目に見えるくらい落ちている。いや、夫のではない。私のだ。箒で掃いても、掃除機をかけても取れないし、接着シートでコロコロしてもさほど綺麗にはならない。

あーあ、もういいや、どうせ私の髪だ。他人に迷惑をかけるわけでも、罰金をとられるわけでもない。

そう思って、「おーい、大丈夫かー、こんなに髪の毛が抜けて、ハゲてないかー?」という夫の嫌味か何かの声を無視して、当分、楽ちんをしていた。

だけど、なんと、発見したのだ。

あまりの汚さに怯えながら、絨毯や敷物がないフローリング部分だけでもと、クイックルワイパーでホコリと髪の毛をしぶしぶ掃除していた。

クイックルワイパーのペーパーを交換しようとしたとき、

「あれ、もしかすると、ゴム手袋で髪の毛がとれるのなら、クイックルワイパー紙なしでもとれるかもしれない!」と神の声が。

もともと、ダメ元で何かをするのは嫌いだが、

あまりの汚さにやってみた。クイックルワイパーの紙なしで、絨毯をスリスリとこすった。

とれるとれる、髪の毛も、犬の毛も。

本当に楽ちんに取れるのだ。

でも、もっとよく考えたら、もっといい商品ができると思う。

はやく、いいもの、できたらいいな。クイックルワイパー程度の価格なら、きっと売れそう。誰か業者の方、作ってね。早く早く。