読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

やっぱり

 久しぶりに同じ場所に帰っていった。店に入ると、狭く勾配のある廊下を歩いて隣りの館に急いでいた。なぜ急ぐのかわからなかったが、なにか予感があった。いきなり手首をつかまれて、「ごめん、待たせて」と彼の声。私は手首を無理やり放し、小さく手のひらを叩いた。「遅い!

 人目が気になったが、そんなことにかまっている時間はなかった。「いま、時間とれる?

 私には何か時間に追われる用事があった。「少し、待って、後なら」

「じゃあ、ぼくも用を先にすませるよ」

「あとで」

「あとで」

 不安だった。今別れるとまた会えなくなる。そう思ったが仕方がなかった。「きっとよ」「わかってる」笑顔で別れて、やっぱり会えなかった。さよなら、また夢で会いましょう。幸せな夢だった。