いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

昼顔、見た、見た。

お題「最近見た映画」 まさに、昨日、映画を見た。「昼顔」。金井克子さんが歌っていた「他人の二人」という曲が、時どきに、いきなり始まるところが鋭角的でよかった。 ラストは、そうね、それしかないか、という結果だったが、パンプスの為に電車が脱線事…

体育館の天井

今週のお題「もしも魔法が使えたら」 昔、マンモス校に通学していた。月曜日の朝は、体育館に全校児童が集合して、朝礼があった。終業式の日も始業式の日も、全校児童が体育館に集合して、立って整列し、先生方のスピーチを聞くのだった。 立っていても、目…

郵便受けのムダ遣い

お題「ムダ遣い」 今日のお題はムダ遣い。そもそも、ムダとはなんだろう? その時、なんとなく手にして買ったものが、必要ないものだったと評価されたときに「ムダ遣いをした」ことになるのだろう。その評価は、普通、自分ではなく第三者がするものだ。これ…

占いは、お好き?

最近、占いとかを見たり聞いたりする機会が、偶然、重なった。もともと、占いなんて「当たるも八卦当たらぬも八卦」と言いながら、わざわざ100円出して、おみくじを引くのが好きだ。大吉なら、やったー!と思い、凶なら、今が底か、それならまたすぐにイ…

晴れています!

今週のお題「晴れたらやりたいこと」 最近、晴天続きなので、晴れていてもやれないことが溜まっていく。 押し入れのものを全部、外に出して、乾燥させたり、必要のなくなったものを取捨したかった。家のカーペットや絨毯を洗濯して、清潔を心がけたかった。…

家飲みって言葉は何歳の人からわかるのだろうか?

今週のお題「家飲み」 いえいえ、そんなに口は大きくありません。それに、そんなもの、飲めるはずがないじゃないですか。家を丸飲みするのですか?それとも噛み砕いて小さくしてから、牛乳と一緒に胃腑の中に流し込むのですか。 きっと私が80歳になって聞い…

踏切りの記憶

忘れていた。そう、彼は怒りっぽい人だった。 え、何故、そこで怒るの?と疑問に思っていたほど、いきなり怒った。 けれど、その怒り方がとても悲観的で捨て身だったので、彼をこんなことで怒らせてはいけない、と反省した。 きっと、と想像していた。きっと…

潜在的な不安

どうしても必要な薬があるとしよう。その薬を飲まないと、症状は悪化してしまうとする。薬はテーブルの右側と左側においてある。どちらか一方だけ、手に入れることができる。どちらを手にするかは、自由だ。右利きなら、まず右側の薬をとるだろう。左利きな…

雨の日の傘と紫陽花とカタツムリ。

お題「雨の日」 夏日続きの5月の気温を、ようやく雨が冷ましてくれた。6月は、雨と傘に紫陽花とカタツムリ。雨は嫌いだが、6月に限っては風流でいい。 雨上がりに、まだ湿気で空気が重い庭先に出ると、紫陽花の蕾が虹色に色づき始めていた。今度、雨が降…

日々無事万歳!

今週のお題「ブログ川柳」 変わりない 日々ゆえ悩む ブログのお題

ビュッフェのサインはカッコイイね!

お題「印象に残っている展覧会」 何年も前、いや、何十年も前になるのか、忘れてしまったが、ベルナール・ビュッフェの絵を美術館でみた。 ビュッフェは、フランスの絵描きで、黒色の縦線に特徴のある絵をかいていた。風景画も静物画も人物画も、独特な雰囲…

衣替えの6月。物価が高くなったので、手で洗いましょうか。

衣替えの6月です。クリーニングに出すものが山積みです。 何をもって、クリーニングに服を出すか出さないか決めるのかというと、アイロン掛けが難しいものに限定して、出しています。そしてまた、乾燥させるのが難しいものをクリーニングに出しています。 …

水無月になれば。

水無月になれば、きれいな和菓子が食べたくなる。 とても凝った細工のもの、とても端正につくられたもの、 きれいだねぇ、もったいないねぇ、と言いつつ 眺めたり、撫でたり、 舐めたり、食べたり、 イヤシイのかねぇ、と言いつつ もう一つ、あと一つ、最後…

空を眺めていた、その気配に。

よもや誰も、わかりはしないだろう。ほんの些細な空気の動き、 雨の匂いがするような、涙の香りがするような、 そんなほんの一瞬の気配で、時間が巻き戻る。 感情が動き出す。 本当のことを知って何になるのだ。 夢でいいではないか。 真実なんて、ろくなこ…

写真画像の整理整頓、そして。

昨日は、パソコンのピクチャに、年月日順に並び終えた写真をコツコツと順に見ていこうと、誓ったはずだ。 しかし、コツコツ始めて10分後には、こりゃあ無理だ!と投げ出した。 何が無理かというと、ピクチャの中はiphoneで撮ったものだけではなく、代代買い…

写真、格闘中。パソコンのピクチャーに移動した大量の画像さん。

iphoneの写真、1500枚以上は、パソコンに一度移して、全部キレイに消しました。もちろん、パソコンのピクチャーに全部コピー(バックアップ)してから消しました。 iphoneのiCloudフォトライブラリ、マイフォトストリームや共有等を全部OFFにして、 パソコ…

写真、どうしていますか?

気軽にカシャカシャiphoneで写真をとって 手軽にパソコンで再生していると ズシンと動きが遅くなってきた。 そろそろ、整理整頓に励もうか。 でも、結構、面倒くさいものだ。 もっとサクサク、いるもの、いらないものが見分けられないものか。 世の人々はど…

偏見なのかしら。美人考。

血縁に、すっごい美人がいる。年がなんこか上なので、昔から 「おねえさん」と呼んでいた。しかも、とても優しい人なのだ。 憧れのおねえさんなのだ。 きっと私は劣性の遺伝を受け継いだのだと ガッカリしながら、まあ、仕方がないかと長年過ごしてきた。 と…

今は履けない白色のソックス!

お題「くつ下」 スカートをはくことが少ないので、くつ下は必需品なのです。 一時、全身黒ずくめをするのが、マイブームだった頃、 くつ下を真っ黒に揃えました。 けれども、働き者(?)の私は、漂白剤が大好きで コップの茶渋やコーヒーのシミ、など以外にも …

東京、行ってきました。

おのぼりさん、してきました。上ばかり見て歩き、 そっちじゃないわと指を指し、指差ししないでと手をはたき、 ほら、ついてきなさいと先に立ち、あ、違ったと逆戻り。 珍道中しながらも、なんとか地下鉄乗り継いで、 行きたいところには、行けました。 みな…

題名、考えてよ!

お題「楽しみにしているテレビ番組」 今期のテレビ番組、実は大誤算をしてしまい、 観ていないけれど、観たかったものがある。 波留さんの「あなたのことはそれほど」 題名が、笑ってしまうほど、キツすぎる。 夫と観るなんて、耐えられない。 別に、隠しだ…

ひよっこ みてますか?

朝の連続テレビ小説を楽しみにみている。 お父さんは、どこでどうしているのだろう? 職を失って、何かのショックで記憶喪失になってしまったのか? はたまた、せっかく稼いで貯めた金を奪われたので取り戻そうとしたが、 逆に奪った人の境遇に同情してしま…

母の日は紫陽花にしますか?

お題「母の日」 今日5月14日は、母の日ですね。赤いカーネーションの植木鉢やフラワーアレンジメントを1ヶ月前くらいから眺めつつ、まだ早いわよね、まだいいわよねと買い控えしていたら、すぐに当日がやってきました。 母の日は、カーネーションがもらえる…

髪型は髪質と顔型できまるわよね。

今週のお題「髪型」 いつも視線が止まる女の子は、少し茶色かかった髪の色で 髪の毛は少なく、はかなげにウェーブがかかっていた。 肌も色白で、骨格も華奢で、手の指は細く長かった。 憧れてはいなかった。 嫌いでもなかった。 好きでもなかった。 ただ、女…

風邪にご用心。

夜と明け方の気温差があるこの季節、 学習能力がない私は、必ず軽い風邪をひく。 毎年、軽く後悔して、 毎年、夢想するマシンがある。 それは、自働布団交換機。 ベッドの上にその交換機なるものが待機していて、 明け方肌寒くなったとき、掛ふとんをふんわ…

それでも1日過ぎていく! 趣味に没頭しましょうか?

面白くない、楽しくない、と文字にはするが、口で人に言いはしない。 言うわけがない。言えるわけがない。 能天気だと、ワガママだと、楽観的だと、思われたいので、 面白くないし、楽しくないなど、声には出さない。 それで、やっぱり趣味のジャズピアノ。 …

楽しみが全くなくなったら、どうしますか?

1日に一度は笑いたいなぁ、と思いながらも なかなか笑える時間はない場合は、どうしますか? ① とりあえず、作り笑いをしてみる。 ② とりあえず、わざと馬鹿なことをいって人を笑わそうとする。 ③ 仕方がないので、ムスっとしている。 ムスっとしていても、…

タイムリーなお題が見つかったので。昨夜、一気読みした本、最新版。

お題「一気読みした本」 本を買う気もないのに、本屋でうろうろしていたら 新聞広告で見た『君の膵臓をたべたい』があった。 ツレが「あ、これ、読んでみたかったんだ」と言ったので 「ああ、それ、広告でみて私も読んでもいいかなって思ってたから」と買っ…

タイトルは先に書く? 後に書く?

いつも思う、タイトルって先頭にあるけど まずタイトルが浮かぶことは、私の場合、ありえない。 けれど、この「タイトルは先に書く? 後に書く?」のタイトルは 先に書いた。何故なら、それについて書こうと思ったから。 要するに、こういうことなんだ。 書…

お墓まいり

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」 大きなお休みになると、その中のどこかでお墓まいりをする。 信心深いわけではもちろんなく、 ただただお墓がはるかに遠いところにあるせいだ。 お墓まいりをするときは、 念珠と新聞紙、花きりばさみと軍手と草刈鎌を…

いつも夢を見ていた

人ごみの中、見つけた 目と目が合った 確かに認めた 何気なく近づき合い 小さく驚き 自然に並んだ また夢をみた 夢の中は居心地がよく とても幸せだった また会いましょう

使わなくなった一眼レフのアナログカメラ

お題「カメラ」 昔の話、ニコンの一眼レフを買った。 広角レンズと望遠レンズも買った。 三脚も買った。 それらを持って、一人、四国へ旅をした。 足摺岬で停まって、海を撮った。 途中まで電車に乗り、 宿毛あたりでバスに乗った。 急カーブの細い山道を 遠…

夢か現か幻か

昨夜のこと、夜半過ぎにようやく仕事にメドがつき、 寝たほうがいいなと、意識して横になり目を閉じた。 すると、両耳の鼓膜を魔物がじかに触っているような絶対的で高圧的な雑音が 私を奈落の底に引きずり下ろした。 目は開けているのに、現実ではないとわ…

種をまこう、苗を育てよう

お題「今日の出来事」 そろそろ出来損ないのチューリップの花も終わりに近づいてきた。 そこで、チューリップを球根から引き抜いて、種から双葉に成長したヒマワリ苗を植えた。 種をまかなきゃ、芽はでない。 この当然の話は、使い古された訓示の一つだ。 私…

もうすぐね、GWは。

毎朝、新聞を読んでる夫に手を差し出すと、新聞広告を手渡される。 いや、私も新聞が読みたいし、チラシはあまり興味がないのだけどと思いながらも、逆らわずにもらって見る。 昨日今日、土日なのにチラシが少ない。来週はもうGWだから、もうしばし待て!とい…

春には春の春があり春を春と春は知る

ブログを初めてはじめての春。 ブログのことがわからなかった頃よりは気軽に書けなくなったことや、 ブログを書き始めてから気軽に書けるようになったことなど、 いろいろあるが、一つわかったことがある。 これからきっと出てくるかな、ブログの後始末屋が…

花が咲いた

アネモネの花が咲いた。 例年、花が散ったあと、球根を掘り起こして、 陰干しして乾燥させたものをまた秋に植えていた。 だけど、なかなか花が色づかず 冴えないくすんだ赤紫色のアネモネ一色しか咲かなかった。 それで、去年の初夏、アネモネの球根を掘り起…

気をつけてね、無事にいてね、

昨日は春の嵐というより、スコールだった。 すんごい雨の中、ピアノに行って、帰りに回転寿司を食べた。 避難勧告ではなく、いきなり、ひどい音が鳴り響き 避難指示が出されたが、回転寿司の店の人々はどこ吹く風のごとしで 緊張感も切迫感も逼迫感も、何も…

美化計画始まりの日

今、お部屋美化計画を立てている。 部屋をいかに小奇麗にみせるか?というテーマでこの一週間過ごすのだ。 ま、なんのことない。一週間後に友人たちが家に来るので慌てているだけなのだが。 部屋をきれいに見せるコツなら、わかっている。 細々としたものを表…

コンビニ好きなんだけど

お題「コンビニ」 私の家と職場との直線距離には、スーパーマーケットが一つたりともない。 これは凄いことだ。 それなのに、コンビニエンスストアなら、たくさんあるのだ。 だから、コンビニには常日頃お世話に、なりすぎている。 ATMもあるし、卵もパンも…

知っていましたか?

最近、あまりいいことがありません。きっと、今まで 善い行いをしてこなかったせいかも知れません。もう、 会えないのかも知れません。それが普通のことなのかも知れません。 どうしたいのか、どうするのか、決めるのは私ではなく、その日の風の温度です。 …

いろいろ、いろいろ。

浅田真央さん、引退会見。ニュースでみました。素敵です。どうか、ブレずにこれからも頑張ってください。 桜散り道。川沿いに桜が1本、毎年、咲きます。 毎年咲く桜の花びらが、川に沿って散っていました。 伊勢正三さん、かぐや姫のメンバー、そして風の片…

Amazonプライムで「娚の一生」をみました

要するに、会員だから無料で観ることができました。 「めおと」と打って何度か変換すると「娚」が出てきます。映画では「おとこ」と読むらしいです。でもね、見終わってから調べた知識、こんな読みにくい漢字には、せめて「otoko」とでもローマ字かその続け…

今は違うけど。

お題「好きな作家」 中学生の頃、太宰治に憧れた。多くの人が太宰治に憧れるのだね。 その頃出ていた文庫本は、もちろん全て読んだ。理解できていると思って読んでいた。 でも実は、憂鬱そうに頬杖をついた太宰治の写真画の横に書かれていた「玉川上水で心中…

面白い本は笑わない。

結局、昨日はJUNKUDOには行けなかった。暇なときは暇だけど、用事ができると、その用事が派生して、いきなり多忙になったりする。 まぁ、それもよい。 読みたい本がある時は、幸せだ。時間を惜しんで、後一ページだけ読んでから本を閉じようと思いつつ、また…

復活の兆し、活字中毒

最近の話、文字を読んでいない。半年前までは活字中毒のように、貪るほど四六時中、しおりを挟んだ文庫本が食卓の隅に何冊も重ねてあったのに。 生活パターンが変わってきたのかもしれない。ちょっとしたことで、何十年も培ってきた習慣が突風がサーッとひと…

句読点考

毎晩、夫と横並びして夕食を食べる。 明日は何食べる? まだ、食べ終わっていないのに、話題は明日の食べ物にはしる。 何十年も料理に不平不満を口にしたことのない夫は なんでもいいよ、と答えていたが最近、中食の惣菜を食べ飽きたせいか 魚の煮付けがいい…

桜は見ていた

桜が咲いてきた。 今日のぽかぽか天気で、ツボミは色付き膨らんだ。 川土手の1本桜は今年もなお、切り倒されずに咲いている。 桜よ、桜 よければ願いを聞いてくれ。 私の願いは欲深い。 桜よ、桜 春の嵐は間近に来ている。 散り散り別れるその前に、 遠き彼…

行き帰り、生き返り、生き還り

帰るところ、行くところ、どちらもあるのは幸せなことだ。 ゆったりのんびり楽しく過ごせた。でもいつまでもこうしているわけにはいかない。 歳月は皮肉屋だ。「ゆっくりしなさい、楽しみなさい、そんなひと時もたくさんないのだから」などと思わせておいて…

3月31日、サヨナラの日

3月31日が今年も来てしまいましたね。今日で、退任ですか。退職ですか。 これまでの長きに渡るお勤め、ご苦労様でした、お疲れ様でした。 定年退職をされて、「さあ、明日から第2の人生を楽しんでください」なんて言われても、今まで働いたことしかない…