いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

タイムリーなお題が見つかったので。昨夜、一気読みした本、最新版。

お題「一気読みした本」

本を買う気もないのに、本屋でうろうろしていたら

新聞広告で見た『君の膵臓をたべたい』があった。

ツレが「あ、これ、読んでみたかったんだ」と言ったので

「ああ、それ、広告でみて私も読んでもいいかなって思ってたから」と買った。

 

一人称、「僕」の主観から成り立つストーリーで

本好きで他人と自分に溝を作っている「僕」が、

1年未満で膵臓の病気で死ぬ秘密をもった「彼女」と知り合って

他人とのつながりを心地よいものだと認めていく青春物語。

 

昔、プリニエの『醜女の日記』を読んだ。

これも一人称、「私」の主観から成り立つストーリーで、私の好きな本だ。

一人称の小説を読むと、必ず思う。

騙されるな、これは僕や私の主観に過ぎない、

きっと顛末は第三者的に逆転されるぞ、と思いながら読んでいた。

 

やっぱりね、のストーリーだったけど、スラスラ一気読みできる

引っ掛かりのないきれいな文章だった。

少し年代的に気に障る面倒くさい言葉も羅列してあったが

一人称だけで、物語を作るのは大変な力量だと思う。

 

「彼女の親友、恭子」の性格がわかりにくかったが、

それはきっと、一人称的にわかりにくい性格の人がいるって実体験で知っているので

「僕」にとってもそうだったんだろうな、と想像した。

 

この『君の膵臓をたべたい』というタイトルが人目をひいて

猟奇的なストーリーかと思わせるが

沸点の低い恋愛小説だった。

血圧が低すぎる私にとっては、このくらいがちょうどいい。

 

 

 

タイトルは先に書く? 後に書く?

いつも思う、タイトルって先頭にあるけど

まずタイトルが浮かぶことは、私の場合、ありえない。

けれど、この「タイトルは先に書く? 後に書く?」のタイトルは

先に書いた。何故なら、それについて書こうと思ったから。

 

要するに、こういうことなんだ。

書きたい何かを決めて書いているわけではなく、

書いているうちに、整理アンド淘汰されてタイトルになっている書き方を

いつもしているということ。

 

先にタイトルを決めて書いてみると、焦点がずれないし、

ずれていないから読みやすい文章になると思う。

そしてタイトルを意識するので、

同じワードをなんども羅列しやすく、結果的に検索に引っかかりやすい。

ブログが読まれやすくなる、ということか。

 

けれど、どちらかというとタイトルを後に書くほうが

気軽に書ける。むしろ、タイトルがなくてもいいくらいだ。

それではブログの形にならないから、

渋々タイトルを後からつける。

「ってか、お前さぁ、そんなら、家で日記でもつけてろよ」と

ツッコミをいれてくれる誰かを幻想しながら。

 

お墓まいり

今週のお題ゴールデンウィーク2017」

大きなお休みになると、その中のどこかでお墓まいりをする。

信心深いわけではもちろんなく、

ただただお墓がはるかに遠いところにあるせいだ。

 

お墓まいりをするときは、

念珠と新聞紙、花きりばさみと軍手と草刈鎌を持っていき

途中で、菊の仏花を4束、買う。

 

「来ました!!」と軽く挨拶して

えっちらおっちら、カビやらコケやら草やらを掃除して

「ま、これくらいで、いいかしら」と納得顔で花をいけ

「火事になったらいけないから」と2本を折った線香に火を点け

「また来ますね」と軽く目を瞑って終わる墓まいり。

 

帰り道は、ぐちぐちで、

「あんなとこに、入りたくないわ」

「あの場所に私を入れないでね」

と、夫に懇願するのは毎度のこと。

 

「死んだら、もうわからないからいいじゃないか」

と、夫はそう言うのだが、、わかってないなぁ。

死んだら、もうわからないのだから、そんなとこに入れなくてもいいじゃない?