いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

お父さん、息子をやめてもいいですか とはならないね 

お題「楽しみにしているテレビ番組」

楽しみにしているテレビ番組は、少し、ある。

まず、カルテット

次に、A LIFE

その次に、直虎

このくらいかなぁ。

先週、終わったドラマもわくわくしながら見てた 

お母さん 娘をやめてもいいですか

このドラマ、あるある、自分の中にもあったあったと思いながら見てた

大人なら、みんな知っている感情を肥大化したドラマだった

斉藤由貴さんの狂気的なシーン、ゾクゾクした。

面白かった。終わっちゃったけど。また期待して待ってます。

暗い歌が十八番かな

今週のお題「カラオケの十八番」

カラオケ好きの父親だったので、子どもの頃からカラオケセットは家にあった。

昔のはカセットテープをカシャッと入れて、押し甲斐のある反発力の強いレバーボタンを押すと、音楽が流れてきた。

カセットテープの時代からCDの時代に変わったころ、またカラオケセットを買い換えた。

そのときは私も大人になっていたので、

「なんでもいいから、歌いなさいよ」「何を恥ずかしがっているのよ」と言われ

渋々、歌ったのが小林明子さんの『恋におちて』だった。

また、中島みゆきさんの『悪女』も2番目にいつも歌った。

どちらも嫌いな曲ではないが、好きでもない。

それなのに、歌っていたのは、歌いやすいメロディとテンポ、トーンだからだ。

悲恋、失恋、不倫関係の暗い歌は、歌いやすい。

決して決して、好きなわけではない。一番、うまく歌えるのだ。

 

 

カルテットの録画をみた

最近、夜の2時頃に目が覚める。

もちろん、9時に眠たくなるから、いつの間にか寝てしまい

目が覚めると2時という、ていたらくなのだが。

仕方がないので、時間つぶしに録画してまだ見てないカルテットをみた。

何回目のやつだったのかな、すずめちゃんがガムテープから脱出した回だった。

 

途中から、え、まさかの安っぽい殺人事件に発展ドラマ? と愕然としつつみていると

よかった、まさかの気絶からの狸寝入りで。

東京に帰る途中、タクシーで追いかけてきたすずめちゃんに

オムスビだけじゃなく、お茶も買ってあげて欲しかった。

マキさんがすずめちゃんに

「抱かれたいの」と囁いたとき、ドキッとした。

この女優さん、いい。

 

来週も面白ければいいなぁ。

予告は、なんだか面倒くさそうだったけど。

面白ければいいなぁ……。