いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

ハウステンボス ー光の王国ー

f:id:nijiironoashita:20171217145240j:plain

唐突ですが、夕方、ハウステンボスに到着しました。チケット種類は4400円の『散策チケット』です。17時すぎに、園内バスで終点のパレスハウステンボスにまず行って、そこからブラブラと出口に向かって歩く予定でした。けれど園内に入ってすぐ、美しい光景に目を奪われて、写真を何度も繰り返し撮っていたら、バスに乗り遅れてしまいました。結局一度もバスには乗らずに歩いて回りました。

 

アドベンチャーワールド入口の巨大恐竜は、我が子達が小学生の頃に行ったUSJジュラシック・パークを思い出しました。何度も同じ乗り物に乗りたがった息子について回った思い出よりも、もう帰る時間だからと息子をなだめている光景が頭にこびりついています。聞き分けのいい息子のがっかりした表情に胸が今も痛みます。

f:id:nijiironoashita:20171217145647j:plain

アートガーデンの光まみれの幻想的なエリアで、『光のカフェ&バー』の光るカクテルをいただきました。ハワイアンブルーのとても綺麗なカクテルで、グラスの氷の下にライトが仕組まれており、飲み干すまで輝いていました。カクテルは、雰囲気が大事ですから美味しく楽しくいただきました。

 

それからパレスハウステンボスの3Dプロジェクションマッピングを見ました。とても素敵、途中から見たのでストーリーはわかりませんでしたが、ドラコンや姫が出てきました。お城全体をスクリーンにした素晴らしい幻想的な演出でした。

 

夕食はタワーシティの『プッチーニ』でフェトチーネ オリジナーレを選びました。20kg位の重そうな巨大な臼の形をしたチーズに、茹でたてのパスタを入れて、給仕さんがパスタに溶けたチーズをフォークとスプーンでからめつけて、お皿に盛り付けてくれます。胡椒をつけてお召し上がりください、と言われましたが、とても濃厚なチーズなのでそのままで美味しくいただけました。 

f:id:nijiironoashita:20171217145757j:plain

大クリスマスツリーはとても素敵でした。

 

日常生活の戒め

自分が常識だと思うことと、他人が常識だと思うことが、いつも同じとは限らないのです。もし、他人を非常識な人だと思うことがあれば、自分は他人の非常識ではないのか、今一度、立ち止まって考えましょう。

 

自分はもしかすると、間違っているのではないか、他人が正解なのではないか、それともどちらとも大正解ではないのか、面倒くさがらずに考えましょう。もし、自分が間違っていれば、すぐに訂正して学びましょう。

 

もし他人が間違っていれば、言えそうならば教えてあげましょう。機嫌を損ねそうなら、黙っておきましょう。常識は時代とともに変わるのだから、マルでもバツでも、たいしたことではないのです。それより、仲良く笑って、話題を変えましょう。

出産のお祝い

知人に出産祝いを差し上げるために、何にしようかと考えていました。お金、ギフト券、スタイ、80cmのベビー服等が、お祝い関係のサイトでは主流のようです。

 

共に喜んでいる気持ちを何気なくプレゼントに変えるという行為は、お金では「何気なさ」に欠けている気がします。かといって、ギフト券では場合によっては使いづらいし、スタイは何枚あっても重宝するらしいですが、ヨダレカケはシンプルな真っ白の木綿が一番だと思っているので買えないし、80cmの身長の頃の季節がつかみにくいしで、結局、主流はあきらめました。

 

それでも何気なさにこだわる私は、ちょっとかわいい雑貨屋さんで外国製のスタイ風エプロンにしました。早ければ10ヶ月位から食べこぼし専用に使ってもらえそうです。「見て見て、すごく可愛かったから、買っちゃったわ」と高めのテンションで差し上げる予定です。何気なさは結構ガチガチに計算されつくしています。はい。