読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

種をまこう、苗を育てよう

お題「今日の出来事」

そろそろ出来損ないのチューリップの花も終わりに近づいてきた。

そこで、チューリップを球根から引き抜いて、種から双葉に成長したヒマワリ苗を植えた。

 

種をまかなきゃ、芽はでない。

この当然の話は、使い古された訓示の一つだ。

私はせっせと種を蒔く。蒔いて、蒔いて、蒔いて、蒔いて。

これは自己暗示のひとつでもある。

 

種をまきさえすれば、芽はでるのだ。

そのかわり、時間はかかる。

手もかかるし、お金もかかる。

けれども、そこに芽が出さえすれば、感情がかかわる。

 

うれしい、きれい、うつくしい、

かなしい、ぶさいく、きたない、

すき、きらい、ふつう、

感情がかかわると、優劣をつけたくなる。

 

すぐれている、ひょうじゅん、おとっている、

いい、わるい、きょうみがない、

すごい、ひどい、とんでもない、

優劣をつけると、振り出しに戻る。

 

種をまこう。

今年もちゃんと忘れずに。

生きている証のルーティン。

 

もうすぐね、GWは。

毎朝、新聞を読んでる夫に手を差し出すと、新聞広告を手渡される。

いや、私も新聞が読みたいし、チラシはあまり興味がないのだけどと思いながらも、逆らわずにもらって見る。

 

昨日今日、土日なのにチラシが少ない。来週はもうGWだから、もうしばし待て!ということなのか。

今週は大型店がボンボンOPENするから、きっと週中盤に向けて、他店も客を逃すまいと手ぐすねひいているのだろう。

 

人が多いところは苦手なので売り出してないけど、今日は買い物に行こう。

GWに買い物に行かずにすむように、特に衣料品は買っておこう。

これも私なりの節約方法。

人が多いときに出歩くと、すぐに疲弊して喫茶が多くなるから、余分なお金がかかりすぎるのだ。

そしてクタビレ果てて、中食することになるのは目に見えているから。

 

 

広告を非表示にする

春には春の春があり春を春と春は知る

ブログを初めてはじめての春。

ブログのことがわからなかった頃よりは気軽に書けなくなったことや、

ブログを書き始めてから気軽に書けるようになったことなど、

いろいろあるが、一つわかったことがある。

これからきっと出てくるかな、ブログの後始末屋が。

 

私が死んだとき、このブログはきっと更新もされずに

ネットのゴミとなって彷徨うのだろう。私はそれでいい。

けれど、もし、ブログの後始末屋さんいて、

死んだあと、きちんと形にして家族に渡してくれる契約ができていたら

申し込むかな、どうかな。

世の家族たちは、迷惑がるかな、どうかな。

 

春には春の春があり春を春と春は知る

みんな同じに見えるけど、一つとして同じものはない。

人間も、動物も、植物も、季節も、春も。

 

 

花が咲いた

アネモネの花が咲いた。

例年、花が散ったあと、球根を掘り起こして、

陰干しして乾燥させたものをまた秋に植えていた。

 

だけど、なかなか花が色づかず

冴えないくすんだ赤紫色のアネモネ一色しか咲かなかった。

それで、去年の初夏、アネモネの球根を掘り起こす事さえ忘れていた。

 

すると、赤、青、白の姉物の花が咲いた。

小ぶりの花だが、ちゃんとスクッと上を向いて咲いていた。

手をかけないほうがいいんだね。

広告を非表示にする

気をつけてね、無事にいてね、

昨日は春の嵐というより、スコールだった。

すんごい雨の中、ピアノに行って、帰りに回転寿司を食べた。

 

避難勧告ではなく、いきなり、ひどい音が鳴り響き

避難指示が出されたが、回転寿司の店の人々はどこ吹く風のごとしで

緊張感も切迫感も逼迫感も、何もなく

のんびり、だらりと時間が過ぎていた。

 

そして、私も表向きは

のんびり、だらりと時を過ごした。

美化計画始まりの日

f:id:nijiironoashita:20170416075638j:plain

今、お部屋美化計画を立てている。

部屋をいかに小奇麗にみせるか?というテーマでこの一週間過ごすのだ。

ま、なんのことない。一週間後に友人たちが家に来るので慌てているだけなのだが。

 

部屋をきれいに見せるコツなら、わかっている。

  1.  細々としたものを表に出さない。
  2.  きちんとタテ・ヨコ・高さを揃えて物をおく。
  3.  天井のホコリ、ペンダントライトのホコリを消滅させる。
  4.  鏡、ガラスを磨ききる。
  5.  棚、壁、床を掃除する。

あと、小汚くも美しい犬がいるので、アイツをなんとかする。一番手っ取り早いのは、美容院に連れて行く。ま、これしかないな。

でも、小汚くも美しいアイツは、なんとも悲しげな目で見るのだ。「連れて行かないでくれよ、こわいよ、離れないでくれよ」と涙目で訴えてくるのだ。可愛そうだが仕方がない。

あと、個人宅独特のニオイを消し飛ばす。これは、基本に戻るしかない。消臭剤も素晴らしい働きをしてくれるが、いくら「無臭」の消臭剤でも、クスリをした感が否めない。基本に戻るとは、

  • 排水溝を洗い切る。
  • ゴミ箱を洗う。
  • カーテンを洗う。カーペットを洗う。

その上で、消臭剤をすると実に清潔なニオイになるはずだ。

さて、さて、楽しくなってきた。パソコンしてピアノをして本を読んでご飯を食べたら、始めようか。

 

 

 

広告を非表示にする

コンビニ好きなんだけど

お題「コンビニ」

私の家と職場との直線距離には、スーパーマーケットが一つたりともない。

これは凄いことだ。

それなのに、コンビニエンスストアなら、たくさんあるのだ。

だから、コンビニには常日頃お世話に、なりすぎている。

 

ATMもあるし、卵もパンもある。アルコールもあるし、

なんと、犬の餌まである。

わざわざスーパーマーケットまで回り道するより、

疲れ果てているときは、コンビニで全てを済ませてしまう。

 

野菜はカット野菜で、肉はローストビーフ、サラダに白ご飯まで

全部揃うのだから、こんなに便利な店はない。おまけに、切手が欲しければ

切手も売ってくれて、貼ってくれるのだ。

ありがとう、コンビニ。すごく助かっている。

 

けれど、主婦友にはとても言えない。

  コンビニって高いわよね。

  ほとんど行ったことないわ。あんなとこで買う人って……!

  わたしたちには関係ないわよね。

 

家計管理が雑な私には、よくわからないが、はっきりしていることが

ひとつだけある。

コンビニのビール、コンビニのウィスキーは、捨てたものではありません。

結構、というか、とても割安ですが、ヒケをとりません、名だたるメーカーに。

 

コンビニエンスストアは、すごい。特に、どこ、とはいわないけれど。