いつかきっとがもう間近

現のこと、夢のこと、

ヒガンバナの写真

f:id:nijiironoashita:20170925171451j:plain

見えているのに、ちょっと回り道をしないことには写真が撮れない場所にあるヒガンバナをようやく間近に見ることができた。川土手を朱色に染め上げたヒガンバナの群れは、何年か前まではチラホラ咲くだけだった。西日の太陽をいっぱい浴びながら、ヒガンバナは堂々と日向で咲いている。ん? でもね、ヒガンバナは日陰の花のイメージがある。

 

私が幼い頃住んでいた町には細い川があって、土手にはまだ安全かどうかまで行政の力が及んでおらず、柵も何も存在していなかった。それで、春から夏にかけて土手から土手に飛び移って遊んでいたものだ。幼児でも恐怖心が起こりようのない細い川だった。

 

秋になると、そこに朱色のヒガンバナがチラホラと咲いていた。母から「あの花は毒があるから、絶対にさわったらダメよ、死んでしまうわよ」と聞いて、さわるどころか近くで遊ぶのも怖くなって、土手遊びはすぐにやめた記憶がある。

 

それなのに、最近はどこにでも堂々とヒガンバナが咲いている。大丈夫なのだろうか。ヒガンバナの根っこに毒があるらしい。その毒の効果を期待して、田んぼの畦に害獣駆除の為に植えているらしい。「らしい」というのは、ヒガンバナをわざわざ植えている人を見たことも会ったこともないから。雑草と同じようにどこにでも、咲くのだと思っているから。

 

茎を折ったことはある。まだ「死ぬわよ」と聞かされていないとき、細く長い茎をポキッと折って花束を作ろうとしていた。茎の中は空洞で、白濁色の液が出てきた。そのとき、母が血相を変えて飛んできて、「あの花は毒があるから、」と言い出したのだった。

 

大丈夫なのだろうか?今どきの幼い子どもさん達は、外でヒガンバナを見て花束を作ろうとか思わないのだろうか?勝手に、外に咲いている花を折ったりしないのだろうか?

 

だとしても、美しいヒガンバナはとても魅力的だ。ヒガンバナが咲きだしたら、今年も秋が来たなと思う。ヒガンバナの魅力は、いくら群れになって咲いていても、1本1本が孤立して見えるところだ。別に好きで一緒にいるわけじゃないのよ、たまたま隣りに花が咲いただけ、知り合いでも何でもないのよ、と思っている気がするのだ。

後片付けと後始末

f:id:nijiironoashita:20170922091058j:plain

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/12/17/13/42/fall-foliage-1913485_960_720.jpg

遊んだらちゃんと後片付けしなさいねと、口うるさく言っていた覚えがあります。ほらほら、そこにまだ積み木が隠れているわよ。そう、こっちも、そっちも。

 

その後片付けが、年齢とともに下手になってきました。料理をちゃちゃっと作って、ちゃちゃっと片付けて、洗濯物を取り込んだらサッサと畳んで引き出しに入れるなんてことも、一度にできなくなりました。これは、何故なんだろう?と考えていて、あ、なるほどね!と思い当たりました。

 

することが、多すぎるのです。1日という枠の中に、しなければいけないこと、しなくてもいいのにしてしまうこと、したいことが、そこあそこに散りばめられていて、それを全て同時進行してしまっているので、時々、日常生活が物理的に崩壊してしまいます。

 

そろそろ後始末をしようと思います。後片付けは子どもでもできるけれど、後始末は大人にしかできません。後片付けは、時間割があるから必要な行為です。次の予定に支障が出るので、今しているものを一時中断するために、後片付けをするのです。

 

後始末は、その行為そのものを無に帰すことなので、もう次がありません。なんて、考えていても、すぐに忘れてしまうのですが。昨日は、1日の後半に、ピアノがいつまでたっても上達しないので、インターネットで調べていました。どうすれば、迷わずに弾けるようになるか?

 

12音で4オクターブ、スケールを弾く練習をすればいいようです。昔、そんなことを聞いて練習したことはありました。でも、弾くのが難しくてすぐにやめました。ああ、そこか、私に不足しているものは!と、1日に1度はそれをしようと決めたのです。が、時間がかかるし、頭は疲れるしで、これも後始末候補にすぐあがるかもしれません。

明日はお買い物

明日は私にしては珍しく、純粋にお買い物に行くつもりです。他人の家の買い物リストに興味がありますが、ちなみに私の買い物の品を羅列してみます。

 

食物系……ハム、豚肉の薄切り、梨、6枚きりの食パン、小松菜、おくら、茄子、牛乳、コーヒーの粉、炭酸水

その他……お犬様の餌、秋植え球根、

 

そういえば、キッチンのシンクの下の扉の蝶番がいきなり外れて、扉がしまらなくなりました。包丁入れが取り付けてある扉なので、外れた時はギョッとしました。夫に「直してね」と言うと、「かあさんの方が上手に直せるよ」という返事でした。

 

あーあ、これも自業自得というものなのでしょうか。夫の「かあさん」という言葉を聞き流すたびに、反論する気力がなくなります。仕方がない、あす一番の仕事は、大工仕事です。買い物ついでに、映画をみる時間が余ることを願いながら。